社長挨拶

当社は、1965年新潟県燕市で株式会社織田島器物製作所(旧社名)として創業して以来、燕市で培われてきた金属加工技術を活かした商品開発・製造に力を注いでまいりました。

創業当初は、業務用のボールや丸盆などのステンレス製器物の製造を行っておりましたが時代の潮流とともにその加工技術を活かしたステンレス製魔法瓶の製造へと主力を移行していきました。しかし、そのステンレス製魔法瓶市場も海外生産が主流となっていき、当社も事業構造を変革する必要に迫られました。そこで、更なるものづくりの発展・強化の為、ステンレス鋼材の仕入れ先であった恒成株式会社が経営参画し、現在の株式会社セブン・セブンが誕生いたしました。
恒成グループへの統合後、商品開発及び営業の強化の為、東京・外苑前にステンレス等金属製品の魅力を発信する場として「SUSgallery」を開設し、その後「SUSgallery」を自社ブランドとして立ち上げました。

燕市のものづくりは時代とともに絶え間なく変化を続けていますが、私たちはこれからも社内外の皆様の力を結集し、長年の経験を生かしながら更に技術力を高め、素材の良さを活かした高品質なものづくりでお客様にサプライズと感動を与えていけるよう尽力いたします。

日本製であるという誇りを胸に、技術を通してお客様そして社会に貢献出来る技術者集団として常に挑戦し成長し続ける企業を目指し邁進してまいります。

代表取締役社長 澁木 収一

pagetop